スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ首・肩・背中・腕が凝(コ)ると、うつ病に成るのか?

うつ病にも原因は様々で、一概に言えませんが、体の歪み(特に首・肩・背中・腕など)により成る場合も有ると思います。
なぜ、うつ病とマッサージが関係しているのか?



一見すると、精神病と上半身の筋肉の緊張は関係ないように思えます。



しかし、精神病は脳病だとすれば少しはイメージしやすいんじゃないでしょうか?



精神疾患(特にうつ病)の人は、
猫背だったり、首が歪(イ)んでいたり、目の下にクマがあったり、
顔色が悪い人が多いです。


これは、首や肩のコリにより、
身体の「血液循環」が悪化して、
脳に「血液不足」が起きているからだと思います。
地の巡りが悪いから、顔色が悪く、苦しみに襲われるのです。



私もうつ病だった時代は、
顔色が悪く、足が冷たかったです。
そして、首や背中を父にマッサージしてもらったら治りました。
もしかしたら、薬も肩や首が凝っていたら効きにくいかもしれません。
精神疾患の人は、
歩き方がおかしかったりと
「肉体に特徴が出る」場合が多いです。



身体を直すとうつ病は治る。
これはある程度のうつ病の人に有効だと思います。


カウンセリングや薬だけでは治る人が少ないのは、肉体を直してないからだと思います。


では、具体的に肩・首・背中・腕などを解すのにはどうすれば良いのでしょうか?



自分や家族でマッサージをする事も出来ます。
また、生活習慣を考え直すのも重要です。携帯電話やパソコンをなど、肩や背中が凝りやすい習慣を控えるのです。


勿論、私の経験や知識の範囲の話ですし、肩や首を揉んだら100%治るとは言い切れません。


スポンサーサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。