スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖質を減らして、豚肉・塩分などを摂取してください。

・糖質を減らして塩、肉を取ってください。


以前から書いているように、糖質を現代人は非常に多く取っています。
昨今の日本人に精神疾患が多いのは食べるものが「甘すぎる」のです。
そして肉や塩分を「コレステロールが高まる」「血圧が高まるな」どと言って避けすぎています。


炭水化物は殆どが糖質成ります。
野菜は殆ど水分で栄養はほぼありません。農薬の汁で出来ていると言っても良いでしょう。

フルーツも消化に悪く、糖分が多すぎます。
現代は、自動販売機で手軽に清涼飲料水が買えるような時代です。
「甘いもの」が多過ぎるのです。
炭水化物もそうです。



肉、魚、卵、チーズ、貝、豆、など兎に角「命を頂く」ものを食べるのが大切だと思います。

特に、肉類は積極的にとって欲しいと思います。
「鳥肉」「豚肉」がオススメです。
(牛肉は良く焼かないと脂肪が体に悪いらしいです。)




私は実は、2009年あたりから数ヶ月、病気を治そうと肉類を控える食事を取っていました。
そしたら、逆に体温も下がって悪化したのを覚えています。
精神病は、「脳の血液不足」であると同時に、「栄養・食事の問題」でも有るように思うのです。




参照:http://www.fk-shinbun.co.jp/2010/09/-3-3.html
(↑携帯電話だと全文読めますが、PCだと一部しか表示されません。福岡県民新聞)







・野菜中心だと栄養不足に、体も冷える







いわゆる「菜食主義」というものは栄養のバランスを崩して、
体温の低下を招き、それが鬱病や分裂症の原因に成ります。
(もちろん原因は複合的な物です)


塩分・豚肉を積極的に取るようにしてから、私は自分では、自分が元気に成ったような気がします。
肉を控えていた頃はどこか、ボーっとしているような感じが強かったです。



「米」「小麦」「果物」などは、糖質の多い、脳に悪い食べ物です。
ブドウ糖が脳を活性化させるというのは幻想です。
(血糖値の乱高下をまねく)


これらは、医学的な根拠は有りません。
しかし薬物療法で精神疾患は治りにくいのも現実です。
「精神病は精神の病では無くて、肉体の病気である」という事を私は勝手に夢想しているのです。


スポンサーサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。