スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神疾患者に多い、共通する事。

私が見る限り精神疾患者は、


「首が歪んでいる」
「顔色が悪い」

場合が多いです。


ネットで「うつ病」の人のプロフ写真を見ても、顔色が悪く目の下にクマがある人が多いです。




これらは、やはり肩や首のコリにより、
血液の循環が首から上は上手く行っていないのだと思います。



今日、私の勤めている店内にて、
重度の精神病(具体的な病名は不明)の中年男性を2人見かけましたが、
2人とも40代らしいのに頭がかなりハゲていました。
頭のてっぺんだけが、河童みたいに全く毛が無いのです。
これも、頭へ血液が充分に行っていないのが原因なのでしょうか?
(それか薬の副作用か?)
(これは関係ないのかな・・。)



街中で見かける精神病の人をよく見てください。
背中が丸く、
歩いていると首や肩の感じが変じゃないでしょうか。


首が前に出ていたり、猫背じゃないでしょうか?
精神疾患者には「姿勢」「上半身のバランス」が悪い人が多いです。
顔色も悪い場合が大半です。


顔色が悪いのは、首から上への血液が不足しているからだと思います。



そしてこれらを治すのに、
健康食品は要らないと思います。
薬でも症状を押さえているだけで、
治しては居ないです。
(向精神薬は100%悪だと言っている訳では有りません。)




自分や家族の手で、ゆっくり揉むのでも良いのです。



スポンサーサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。