スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神疾患によくある誤解・本人の心の問題なのか?


精神疾患に対する、よくある誤解に、
「本人の甘えだからじゃないのか?」
「親から甘やかされて育ったんじゃないか?」

という物があります。
確かに本人の甘えの場合も有るでしょう。

しかし私は大半が違うと思います。


「誰だって辛いことは有る」
「みんな嫌な事は平等に我慢している」


これも、精神疾患を「本人の心持ちの問題」だとする観念から来る誤りだと思います。

鬱や統合失調症と色々有りますが、
私の独断では精神疾患の「苦しみ」は、
特に嫌な出来事やきっかけが無くても、襲ってきます。


精神疾患者に対する批判の大半が、
精神病・精神障害は「心の病」だとする認識から来ていると私は思います。


私は精神疾患、鬱・統合失調症・強迫なでなどは、かなりの割合で、
「肉体の病気」だと思います。


生活習慣・・・・・
例えば、ケータイやパソコンのやり過ぎからの肩こりや首こり、猫背。
塩分不足、糖分(炭水化物)中心の食事。運動不足。


色々な場面から全体的に直してゆく必要が私は体験やネットで調べた限りあると思います。

続きを読む

スポンサーサイト

女性のエゴが強い家庭は、子供が病みやすく成る。

ネットで調べたり、
私が今まで生きてきた感想から推測すると、
女性の意見が通る家庭は、子供が病みやすくなる可能性が高いです。


勿論、ケースバイケースですが。


母親のうつ的な考えや、
強すぎる権威は子供に影響する場合が有ります。
それに女性が強い家庭はどうしてもヒステリーや感情主義がまかりやすいです。


間違った男女平等はやはり人々を病ませます。
日本の家庭が乱れたのも、女性の社会進出の副作用も多いと私は思います。


勿論、間違った女性尊重による家庭や奥ゆかしきジェンダー文化の崩壊は、日本だけでは無いでしょう。


アメリカもヨーロッパも中国もインドも、あらゆる国で、間違った男女平等は進んだと思います。
勿論、女性がだめだとか、
人間の「個性」を無視して女の人はこうだ、とか言うつもりは有りません。



続きを読む

人間の体は機械であり、肉体を直せば精神病も治る。

人間の体は機械です。
心臓というポンプがあり血液という神秘の燃料オイルが流れている。
脳という制御装置が有る。



「病は気から」と言いますが、マインド・メンタルも脳により作られます。


スピリチュアル業界や精神世界の方の中には、
「人間の本質は霊魂だ」と言う方も居るかもしれません。
しかし、人間は「たましいを治す」事は出来ません。


たましいを触れて治療の出来る人は居ません。
そもそも、「精神病は肉体の病」だと思います。


カウンセリングやヒーリングで治った・・・人はどれくらい居るのでしょうか?


向精神薬と同じく、「原因を取り除く」作業をやらないならその場しのぎに成ると思います。




続きを読む

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。